小金くす!

おっさんのライフをじゅうじつさせましょう!

肩こりで医者に行きました。

去年の夏、かなり暑い日ですね。肩こりからの首コリでもう仕事にも集中できず、

ヤバい病気じゃないかと思い医者にいきました。自分は40代ですが、30代前半くらいから肩が凝り始め、徐々に悪化していきました。医者に行く前の数か月は、週2回くらい極度に痛い日があり、コリの範囲を超えてました。

 

1.医者選び

 そもそも肩こりって何科に行けばいいんですか?それが分からなかったです。駅前にマッサージ屋のような店構えで、健康保険使えますよ。といった看板あるとこなのか。それとも内科なのか、外科なのか?それが問題でした。大体、肩こりで病院に行くというのが少し変わっているので周りに聞いても、「???」なんですよね。

まあ、とりあえずググりました。その結果、自分の場合は「整形外科」に決めました。

 

2.受診

 診断時に肩こりがひどいということを伝えます。その後はレントゲンですよね。

首回り、肩回り、なんかえらい枚数撮られました。にわかにヤバい病気ではないかと胸騒ぎ!

 

3.診断と治療

 病名はよく覚えていないのですが、とりあえず薬を出されたのと、理学療法士の方に患部をケアしてもらい。その日は終了。とりあえずヤバい病気ではなさそうだったので一安心でした。

 

4.薬

 痛み止めの薬と、筋弛緩剤を出されたました。なんか筋弛緩剤って名前が怖い。あんまり飲みたくなかったけど、とりあえず飲んでみました。まあ、痛みは嘘のように消えましたね。でも、こんなのいつまでも飲んでられないなあ、とも思いました。

 

5.通院

 薬は一時的にコリをとるだけで根本的な解決にはなりません。なので、体の使い方、姿勢等について、色々と理学療法士の方に指導を受けました。

 

6.若干の改善

 まあ、少しは良くなったんですよ。でも根本的に解決になっていない気はしてました。根本的に頭切り替えて対策考えないとだめだなと秋口くらいに思いました。

 

 続く

 

 

 

 

f:id:KOGANEHIME:20190716223400j:plain

常備しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へワンクリックでいけたりします!